前回の「行動することの重要性」から繋がる話かもしれません。

 新型コロナが流行り出し、外出自粛が言われ出した頃、よくテレビで「〇〇に行った気分になれる」という番組が多くありました。

 (実際にロケに行けないので、そうするしかなかったのだとも思いますが)

 当時、そのような番組を見ていて、「実際に『行ったことがある』のとそうでないのとでは、全然違うな」と思っていました。

身体を通すこと

 今は、必要な情報はオンラインで簡単に得られます。

 しかし、実際に自分の身体を通して「見て」「聞いて」「触れて」感じることは、何ものにも代え難いと思います。

 以前、あるプロサッカー選手の方の記事を読みました。

 日本代表にもなったことのある方です。

 その方は、体も大きくなく、サッカーも周りと比べて特別上手だと思っていなかったそうですが、それでも、幼いころから自分が「プロサッカー選手になる」「日本代表になる」と思っていたとのことでした。

 その理由について、さまざまある要素の1つとして挙げてらっしゃったのが、「近所に日本代表が住んでいた」ということでした。

 その方は、ご出身がサッカーで有名な静岡県で、近所のよく知っているお兄さんが日本代表だったという、まさに「本物に触れて」いたのです

 そして、ご自身の体験を活かし、力を発揮した結果、日本代表で活躍するまでになりました。

 今は、動画で簡単にスーパープレーが観れたりします。

 でもそれは、先述した「行った気分になれる」と同じようなものかもしれません。

 実際に目の前で見ることができたら、つまり、自分の身体を通して感じることができたら、それは言葉では表現できないような感覚だと思います。

 オンラインの便利さが重宝されている現代で、その方自身の本来の力を発揮するためには、この「本物に触れる(身体を通す)」体験を意識する必要があるかもしれません。

「そうは言っても近所にプロとかいないし」

「本物って高級だから手が出ない」

なんて声もあるかもしれません。

 「本物に触れる」とは、そんなに難しいことではありません。

 「絵に描いた餅」ではなく「実際の餅」に触れましょうということです。

 牛肉が食べたかったら「牛肉みたいなもの」ではなく「牛肉」を食べるとか。

 ビールが飲みたかったら「ビールみたいなもの」ではなく「ビール」を飲むとか。

「本物」とは「Live感」

 そして、実は、あなたの身体を通した「今」の体験は常に「本物」です。

 「本物に触れる」とは「生の体験を大事にする」こととも言えます。

 「Live感」です。

 アーティストのLiveをオンライン配信で観ているのと、会場で観ているのとでは、全く違うでしょう。

 そのような、あなたの身体を通した感覚が得られた時、それが「本物に触れた」ということです。

 最近は、「手軽に」「楽に」という謳い文句のもと、「〇〇な気分になれる」というものが流行っている気がします。

 いつもではなくても、面倒な気持ちを感じながらたまには「本物」を大事にできるといいかもしれません。

(「楽と楽しいの違い」でも同じようなことを書いていますね)

 そして、ふとした時に触れた「本物」の中から、あなたが求めているもの、力を発揮できるものが見つかるかもしれません。

オフィス開室記念 初回90分8000円 → 3000円

※詳しくはこちら

※当キャンペーンは予告なく終了する場合があります。

子どもから大人まで「あそびの体験」で心を整える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。